FC2ブログ

豆乳 from 幻ドードー

わっせろ~い!な生活と思考の記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
これがエイプリルフールならよかったのですが、そうではないようです…。








 、


 。


RSR'08でのステージが、私が見た最初で最後のゆらライブでした。
大阪へ、坂本さんの個展を観に行ったこともあったなあ。
今のバンドで「発光体」コピーして、難しかったけど楽しかったなあ。

今までたくさんのきもちわるくてかっこいい音楽をありがとう。
これからも大好きです。




----------以下公式コメント-----------


 ゆらゆら帝国ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様へ


突然ですが、ゆらゆら帝国は2010年3月31日をもちまして、解散することになりました。
1989年2月の結成以来、21年間支えてくださったファンの皆様、スタッフ関係者の皆様には、何と御礼を言っていいのか分かりません。
本当にありがとうございました。
メンバー一同、心より感謝いたします。

ゆらゆら帝国は、結成当初から「日本語の響きとビート感を活かした日本独自のロックを追求する」という変らぬコンセプトを基に活動を続けてきました。
同時に、アルバムごとに過去のイメージを払拭し、更新し続けることを自らに課し、時にはバンド形態すらも壊すことによって、常に自分達の演奏に向かう新鮮な気持ちや、緊張感を保ってきました。
そしてアルバム「空洞です」とその後のライブツアーで、我々は、はっきりとバンドが過去最高に充実した状態、完成度にあると感じました。
この3人でしか表現できない演奏と世界観に到達した、という実感と自負がありました。

しかし、完成とはまた、終わりをも意味していたようです。

解散の理由は結局、「空洞です」の先にあるものを見つけられなかったということに尽きると思います。
ゆらゆら帝国は完全に出来上がってしまったと感じました。
昨年は、新曲を作ったり、旧曲のライブアレンジで新たな試みをすることで、
なんとかこの出来上がってしまった感、安定感を打破しようと試行錯誤したのですが、結局自分達の中で、次ぎのアルバムに繋がるようなワクワクする感覚を得ることはできませんでした。
今年に入ってから、メンバーで話し合った結果、「この3人で、やれることは全てやり切った。」「これ以上続けてもルーティンワークになるだけだ。」という結論に達し、メンバー全員納得して、バンドを解散することに決めました。

突然で、しかもこのような形での発表になってしまい申し訳ありません。
バンドは解散しますが、今後もメンバーはそれぞれ違った形で、音楽を続けて行きます。
これからも音楽を続けて行く為の、発展的解散と捉えていただければ幸いです。

最後にもう一度、
皆様、今まで本当にありがとうございました!!!!!!!!!!!!!

ゆらゆら帝国 代表 坂本慎太郎


http://www.yurayurateikoku.com/
スポンサーサイト
2010.04.01 03:36 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日行われました、第1回チキチキ有職者による生活指針討論会の結果に、物言いがございました。


ぬらりひょんの孫→「ひょんまご」or「らりまご」

セブンイレブン→「セレブ」or「ブンブン」


以上2点の略称を再度検討致します。
国民の皆様、ご協力頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
2010.04.01 00:05 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。